長い目で見守る

こんにちは 😉

下呂市でピアノ教室を主宰しています、きたはら音楽教室の北原かおりです。

子供が音楽的自立ができるまで「最低でも10年はかかる」と言われることをご存知ですか?

ピアノレッスンに通い始めてすぐショパンの大曲が難なく弾けたり、たった2、3ヶ月で難しい楽譜がスラスラ読めてひけたり・・・

こんなことができればとても楽なのですが、魔法使いではない限りこれは夢の世界の話です 🙄

小さな生徒さんは、30分じっとピアノの椅子に座り続けることがまず大変なのですが、回数を重ねるごとにどんどん集中してピアノを弾ける時間が長くなりますし、落ち着きがでてきます。

音符を読むことも、急に読めるようになるわけではありません。小学校1年生になると数を1から数えることから始まり、一桁の計算をするようになる頃は指を折りながらゆっくり数えますよね。そして毎日学校やお家で計算の練習をすることで計算も速くなったり、高学年になるころには複雑な計算もできるようになります。ピアノもこれと同じく、日々の小さな積み重ねが大きな力となるものなのです。1回1回のレッスンの成長は少しずつの伸びにみえるかも知れませんが、その1つ1つの積み重ねは振り返ってみた時、とても大きな力になっていることがわかります。

その時そのときの、子供たちの出来であまり一喜一憂しないで、お子さんが成長することを信じて長い目で見て頂きたいなと思います。

 

日々のレッスンの様子や、お役立ち情報をインスタグラムにアップしています!

また、教室へのお問い合わせ、体験レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ!

 

関連記事

  1. 上手く弾けないところは、タイマーを使ってゲーム感覚で練習して…

  2. 自分から練習する子になるには?

  3. プッシュポップバブルを使ってレッスン!

  4. 生徒さんからのお手紙

  5. 教室の感染対策について

  6. ヤマハグレード試験に向けて頑張っています!