お客様の心に届く演奏にしよう!

こんにちは!

下呂市でピアノ教室を主宰しています、きたはら音楽教室の北原かおりです。

 

当教室では毎年12月に発表会を行っています。この時期は曲を仕上げる大切な時期になります。

最近、生徒さん達にお伝えしていることがあります。

それは

「どうやって弾いたらお客さんが楽しんでくれるかな?どのように弾いたらこの曲素敵って感じてくれるかな?」ということです。

これを生徒さんに質問してみると、みんな色々考えて言ってくれます。

・大きいところと小さいところよく考えて弾く

・歌うつもりで、呼吸しながら弾く

・楽しい表情で弾く・・

 

こんな感じで考えて答えてくれます。この、お客様の立場に立って曲を改めてみつめてみることも大事です。

普段のレッスンは、生徒さんが私に曲を聞かせてくれて、二人だけの空間ですが、発表会は大勢のお客様がいるので、まず普段のレッスンでも

広いホールで、大勢のお客様に聞いていただくことを意識してもらいます。

「その音だと一番後ろの人は聞こえるかな?」など、

よく響く音を意識する言葉もかけます。毎日ホールで練習することはできないので、

「この音でこの弾き方で本番弾いたらどうだろう?」

常に自分の出す音をよく聞き練習していくことが大事です。そして、指を一生懸命動かすのも、もちろん必要なことなのですが、

一音一音、心をこめて演奏することが大事だなと思います。練習でも、大事なだれかに聞かせるつもりで、

丁寧に演奏していってほしいなと思います。

日々のレッスンの様子や、お役立ち情報をインスタグラムにアップしています!

また、教室へのお問い合わせ、体験レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ!

関連記事

  1. 拍を意識して演奏しよう!