○才までが脳を育てる最適期です!

脳の神経細胞は三歳前後が最も多い!使わない神経細胞は消滅します

こんにちは。

下呂市でピアノ教室を主宰しています、きたはら音楽教室の北原かおりです。

 

神経同士をつなぐシナプスは、五感からの刺激を受けることで、生後すぐから増え始め、3歳ごろまでにピークを迎えます。この時期にできるだけ多くの刺激を与えることが脳のネットワークを密にして「頭のよさ」を決めていきます。

頭の良さって何でしょうか?  単に勉強ができるということに限らず・・・・

・理解力(何をすべきか)

・思考力(どうすればいいか)

・いつやればいいか(判断力)

・目的を忘れない(記憶力)

・実行する(行動力、決断力)

・セルフコントロール(最後まで投げない)

ができることを総合して、頭が良いと言います。

人生は色々なことが起こり、その都度自分で的確に判断して行動することが求められます。問題を解決する能力が優れた人が、本当に頭の良い人なのです。

大きくなってきてもいつもお母さんがいないと何もできない、自分でできない、これでいいのか不安になり何も行動できない・・・これでは心配ですね。小さいときから脳を鍛えて育った子は落ち着きがありますし、自分で考え行動することがどんどん増えます。記憶力もついていますから、学校の勉強も苦労せずできるはずです。この脳を育てることと、ピアノレッスンを融合したものが、ピアノdeクボタメソッドです。

詳しくはこちらで紹介しています。

当教室はピアノdeクボタメソッドの認定教室です。

ピアノが弾けて頭もよくなる・・・そんなレッスンを一度体験してみて下さいね。

日々のレッスンの様子や、お役立ち情報をインスタグラムにアップしています!

また、教室へのお問い合わせ、体験レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ!

 

関連記事

  1. 褒められると脳内から○○が出る!